美容室の経営改善

何かを変えたら変えたことをアピールする

北千住にある美容室に来るお客さんが、今の時代では情報化社会なので色々な情報を吟味してその美容室に来ているのは当たり前なのですが、だからといってそのお客さんたちが美容師以上にプロであるはずはないのです。ですから専門的な事、技術的な事、というのは、なかなかリニューアルしても気づかない事が多いと思います。たとえばヘアケア剤を違うメーカーのものにしたとしましょう。ですが黙っていたらお客さんはその事には気が付かないと思います。ですからどんなヘアケア剤に変えたのか、買えたらお客さんにはどのようなメリットがあるのか、と言う事をちゃんと説明するとよいですね。その事によって伝わるのは、単純にヘアケア剤を変えた、と言うだけではなくて、その美容室がお客さんの為により良いものを提供できるように努力している、と言う姿もアピールすることができるのではないでしょうか。現状に決して満足している訳ではない。常にお客さんに喜んでもらえるような何かを模索している、と言う事をちゃんとお客さんにわかるように見せたり聞かせたりする努力も必要だと思うのです。「せっかくこうしたのにお客さんはあまり反応してくれない」と思う前に、自分たちが努力したことを知ってもらう努力をしているかどうか、と言う事も振り返ってみるべきでしょう。アップスタイルの女性が快活なイメージに見えるのに対して、女性が髪を降ろしているスタイルは大人しくてしとやかなイメージがあるようですね。ガツガツしていない落ち着いたイメージになるようです。昔から男性は日本人女性はしとやかであるべきだ、という概念を持っているように思います。今やそれは時代錯誤の様な風潮も有りますが、まだまだ男性は根っこのところで女性に大和撫子であるべき、という考えを持っているのかもしれません。またダウンスタイルの魅力として、髪の毛がなびく感じが好きだ、と言う男性も多いようです。ふらりと揺れる髪の毛が優しい感じがいして好きだ、というような意見です。たしかにそういう風景と言うのは、短髪が殆どである男性では感じることができない魅力でもあります。たとえロングヘアの男性がいたとしても、その髪の毛が風に揺れたから、といって魅力的に見えるか、というとそういう事は無いと思うので、やはり風になびくロングヘア、というのは女性ならではの魅力を引き出す光景なのかもしれませんね。昔から日本人女性の髪の毛は長い黒髪が魅力的、という風潮があったように思いますが、今では長い髪は女性を象徴するでしょうけれども、黒髪、と言う事に関してはカラーリングの進化により当てはまらなくなってきていますね。