美容師のイメージを崩さないために

美容師のイメージを崩さないために

みなさんは「美容師」と聞くとどういうイメージを抱きますか?多くの人た「オシャレ」とか「カッコいい」「美人」などのイメージを持つと思うんですね。いずれもとてもプラスのイメージですよね。そして実際に美容師の人たちはそのイメージ通りの人たちが多いものです。決して「美形」ではないにしてもいつもオシャレにして、メイクもヘアスタイルも素敵です。当然のことですが、美容師と言うのは素敵なヘアスタイルを提案する職業なのですから、自らがズボラな格好をしていたりオシャレに対して手を抜いてしまっていては、どんなに良い提案をされてもまってく説得力がなくなってしまいます。ですから美容師と言うのはそのイメージを崩さない様に、またみなの憧れの的となれるように、日々努力しそのように振る舞わなくてはいけないんですね。そうなってくると当然必要になるのはそのための美容代や洋服代でしょう。また社会人になったら誰にでもある事ですが、自分の向学のためにそれなりに人付き合いもしなくてはいけません。飲食代や交際費も当然必要になってきます。そういう華やかな生活を強いられる一方で、実は美容師、特にアシスタントの給料は一般的に考えても低い方だ、というギャップがあり、それがアシスタントたちを悩ませることになるのでしょう。

 

ケラスターゼ
http://www.kerastase.jp/

 

原宿にある人気の美容室