お金の使いどころにメリハリをつける

美容師アシスタントの生活〜お金の使いどころにメリハリをつける

どんなに古着屋や先輩からのおさがりを着用する、等の工夫をするとしても、人に頼ってばかりいる訳にも行きません。多くの千葉の美容室のアシスタントさんたちは、工夫をしながらも自分なりに譲れないオシャレもしているようで、そのための出費もきちんと確保しているようです。つまり「始末すると事は始末して、使う時には惜しみなく使う」というメリハリのあるお金の使い方をしている人が多いようです。そうは言っても月々入ってくるお給料は一定です。良いものを見つけてどうしてもこれを購入したい、と思ってもすぐには買えない事もあるようで、クレジットカードを使ってリボ払いなどでなんとかやりくりしている人もいるようですね。賢く生活する人なら月々なんとか貯金をする金額を捻出していざという時の出費に備えているものでしょうけれども、なかなかそこまでお金が回せない、というアシスタントさんも多いようです。ですがオシャレや美容に関する出費、というのは美容師にとっては必要経費でもあります。そこをあまりに始末しすぎる事で、あまりに生活感を感じさせるような外見になってしまうのは、美容師やアシスタントとしては良くない事ですよね。必要とあればケチらないできちんとお金を使う、そういう使い方が上手くできる美容師であるべきなのでしょう。