切り詰める食費

美容師アシスタントの生活〜切り詰める食費

美容師のアシスタントに限った話ではありませんが、給料が少なくて生活が苦しい、という時には一番節約してしまうのは食費だと思われます。食費と言うのは出費の中で一番節約しやすいからかもしれません。よく芸人さんがかつての苦労話をする時にパンの耳をパン屋さんからもらって主食にしていた、というような話がありますが、そこまではいかなくても、安い食材、あるいはお金のかからない食材を選んで食べている、という苦労話は誰にでもあるものかもしれません。このように一般的には食費を切り詰める事は簡単なことかもしれませんが、美容師のアシスタントの場合には、なかなかそれも難しいようです。美容室で働いている人は、帰宅時間がかなり遅いと聞きます。美容室で働く、という事は美容室が開いている時間だけ働けばよい、というものではありません。特にアシスタントの皆さんは閉店後が自分の仕事、という感じなのだと言われています。帰宅するのは日付が変わる頃、という人もいるようですから、その時間から安い食材を求めてスーパーをこまめに回る、というような事はほぼ不可能でしょう。ついついコンビニなどでお総菜や弁当を買うのは、決して食費の節約にはなりません。同時に健康にも良くありませんよね。美容師のアシスタンとは健康管理をすることもなかなか難しいのでしょう。
大塚 美容室