美容室の経営改善

チラシの効果は本当にあるのか

お店の広告と言うのはよくあるパターンとして新聞の折り込みチラシに入っているもの、ポスティングで配布されているもの、街頭などで手渡しされるもの、などがありますよね。みなさんもいずれかを手にした記憶があると思います。美容室でも集客のために良くこれらの方法でチラシを配布します。ですが実際にそのチラシでどのような効果があるんでしょうか。受け取ったみなさんはそのチラシを有効活用しているのでしょうか。時々ポスティングされているチラシと言うのは、美容室に限らず、見る事も無く捨てられてしまう物も有ります。ポスティング自体を迷惑がる人もいますよね。また街角で配布していたとしても、興味のないチラシだと受け取る気にもならに事がよくあります。チラシと言うのは、そのチラシを作る事には必ず経費が掛かっているはずなので、それなりに集客効果が無ければ、チラシの配布をする意味がありませんよね。美容室はどのような戦略でチラシの配布を行っていて、実際にはどのぐらいの効果があるのか、またチラシを受け取る側としたら、どのようなチラシなら手に取ってみようと思うのか、そしてその中の情報を見て、どのような印象ならそのお店に行ってみよう、という気持ちになるものなのでしょうか。この事を検証しないとどんなチラシでも集客効果は期待できませんよね。そもそもチラシというものを見た時に皆さんはどのような印象を受けますか?チラシを見た段階でそのチラシ効果は一目瞭然であることが多々あると思います。それは私達はチラシを見た瞬間に、自分に必要なチラシ、または興味のあるチラシとそうではないチラシとに選別します。そして興味が無いチラシ、というのは速攻で捨ててしまうのではないでしょうか。逆に手にとって見るチラシ、というのは、最初からそのお店に興味を持っている場合と、全く知らないお店のチラシだけれども、なぜかそのチラシを手に取ってしまった、というケースがあると思います。その中でも知らないお店なのに手にとってチラシを見てみようと思ったのであれば、とりあえずそのチラシの効果はあった、という事になりますよね。そこまで持って行く事にチラシの制作者やそのお店の経営者は力を注ぐのではないでしょうか。チラシと言うものはどんな方法で配布をするにしても、それを必要としている人にとっては嬉しいものですが、そうではない人にとっては迷惑にすらなり得ます。なぜならほぼ一方的に相手に届けてしまうものだからですよね。ですがその迷惑だ、不要だ、と思う気持ちを超える魅力的なチラシを作る事で、そのお店のチラシでの集客効果が得られる、という事につながりますよね。
代官山 美容院