美容室の経営改善

具体的な情報の必要性

今の美容室には満足していない、という人も結構いるものです。ですから美容室のチラシは、そういう人たちにとっても有りがたい存在にもなり得ます。なぜならチラシ、というのは保存しておけば他のチラシと比較しやすいからです。何枚か並べてメニューの違いや料金の違いを見比べる事ができます。ですからそういうことをしてでもチラシから情報を得たい、という人にとっては、チラシに書かれている情報と言うのは、とても大切なものになります。美容室にとっては、そうやってチラシを見比べられる可能性がある、という事も十分承知してチラシづくりをしなくてはいけません。たとえば自分の髪の毛に色々と悩みのある人、というのはなかなかお気に入りの美容室を見つけることが難しいようです。髪が傷んでいる、クセ毛だ、という人はそのケアや矯正をする事が目的で美容室に行く人も多いのです。そういう人にとっては自分の髪の毛にとって相性の合う美容室を見つける事はとても大変なんですね。そしてそういう施術は料金が高くつく可能性も高いのです。ですから他店と比較して、より自分に合う美容室を探すためにチラシは役立ちます。そういう使い方をされた場合に、他店よりもいかに良い情報をその人に提供する事が出来るのか、という事が美容室にとっては重要となるでしょう。よく美容室のチラシをその美容室のスタッフが配っているお店があります。そういうお店について考えていると、なぜスタッフがそのチラシを配っているのか、という事に注目すべきです。なぜならもしもその美容室が流行っていて、経営的に余裕があるのであれば、忙しいスタッフが街頭に立ってチラシを配っている様な暇があるはずがない、という事です。つまりスタッフがチラシ配りをしている美容室は、暇な時間がある美容室、客の少ない美容室、という事にあります。まだオープンしたばかりの美容室がそうやっているのなら解るのですが、そうではない場合には、お客さんが少なくて経営状態も良くない可能性が高いとみてよいかもしれません。そういうお店のチラシ、というのは一概には言えませんが、そんな美魅力的ではない場合も多いものです。やたらとクーポンが付いている、というのは、とにかくクーポン目当てでも良いから誰かに来てほしい、という必死の思いが伝わる感じがします。またどんな感じの人がそのチラシを配っているか、という事もそれを受け取る側としたらとてもその美容室の印象を左右します。スタッフが配っているなら尚更ですよね。感じの悪い配り方をしている美容室、というのはスタッフ教育が行き届いていない可能性が高いですね。
藤沢 美容院