美容室の経営改善

どうして別の美容室に行くのか

皆さんには行きつけにしている美容室、という存在があるでしょうか。たとえ行きつけとしている美容室がある人でも、一度も他のお店に行ったことは無い、という人は少ないと思います。ほとんどの人は何らかの理由でいつも行く美容室とは違う美容室へ行った経験があるものですし、逆に行きつけの美容室なんて決めていない、その時その時で行く美容室を変えている、良い美容室が見つからないので結局色々な美容室を渡り歩いている、というような人もいるものです。ではその人達が前に行った美容室に対して再来店しない理由、というのはどのような事があるのでしょうか。考え見ると次のような理由が有ると思われます。一つは物理的な問題で、引っ越しをしたから通えなくなった、という感じの理由、つまり「行きたいけれども行かれなくなった」と言う場合です。そして「自分の意志で行かなくなった」と言う事があるでしょう。その理由の中には「その美容室が嫌になった」と言う場合と「嫌になった訳ではないけれども他の美容室の方が良くなった」と言う場合があると思います。嫌になった、という場合にはそれぞれに理由があると思うのですが、行きたいけれども行かなくなった理由としては「自分が美容室に行く理由が変わってしまった」と言う事があるでしょう。年齢によるケアの変化とか、カラーをするからカラーの評判の良いお店に変えた、とかですね。一度行った美容室に対して「もう行かない」と確固たる意志でその美容室に再来店しない人もいます。そういう人たちにはその美容室に満足できなかった理由があるはずです。その多くは「仕上がりに満足できなかった」というものでしょうけれども他にも「お店の雰囲気が好きではなかった」「スタッフの態度が悪かった」と言う事もあります。そして意外と多いのは「担当美容師が気に入らなかったが、次回来の美容師を指名したとしたら、前回の担当者がどう思うかが気になる。それぐらいならいっそこの美容室に行くのはやめる」と言う事があるようです。つまり初めて担当してくれた美容師の事をどう思うか、という事がその美容室に再来店するかどうかのカギとなっているという事になるでしょう。担当美容師というのは、お客さんが指名してこない限りは美容室の方で振り分けます。その時に良く言われるのは、「その時に手が空いている美容師が担当する」とか「指名が無ければ若手の美容師に行かせる」と言う事があるようですが、美容室のそういう考え方に対して、たとえ美容師の指名をしなかったお客さんでも、自分を担当してくれた美容師の事はシビアに採点しているようですね。そしてその担当者の振る舞いやテクニックがその人を再来店させるかどうかが決まってくると言ってもよいかもしれません。
三軒茶屋 美容室