美容室の経営改善

満足できても再来店しない

自分のいく美容室と言うものをきちんと一点に定めたい、と思っている人は今の時代においては意外と少ないのかもしれません。かつては美容室と言えば自分の住む地域の美容室を自分の行きつけと定める事が多く、そして一度通い始めた美容室と言うのは長い付き合いになるのが当たり前の時代でした。ですが今ではお客さん側が美容室を選びたい放題にできるぐらい、美容室の件数が増えてきましたし、確かに色々と品定めをした方が、より安くより良いテクニックを受ける事が出来る時代になりました。ですから多くの人たちは行きつけの美容室を持たず、色々な美容室を試して歩いている事が多いものです。そしてそういう感覚はまるで食べ歩きをしているかのような感じになります。よく食べ歩きをしている人は一つのお店に対して「このお店美味しかった!また行きたい!」と思う様ですが、だからといってそのお店のリピーターになるか?というとそうとは限りません。また次の魅力的なお店を探しているものです。それと同じようにある美容室に行ってみてその美容室に満足したとしても、だからといってその美容室を行きつけにしよう、と思う人は少ないのかもしれません。その美容室に満足した、という事よりも「他に良い美容室は無いかな?」という好奇心の方が強いのかもしれません。一度言った事のある美容室に再来店しなかった理由、というものには色々あると思いますが意外と多いのは「何となく」と言う理由なのではないでしょうか。特にその美容室が嫌だったわけではない、けれでどもたまたま近くに新しい美容室がオープンしたからその美容室に行く様になってしまって…というような人も案外多いものです。そしてかつてその美容室に入っていた事すら忘れてしまう、というような人もいる事でしょう。つまりその美容室に非は無かったし、別に今からどの美容室にしても良いのだけれども、これまでその美容室の事はあまり考えていなかった、という事なんですね。案外人はそういうあいまいなところもあるものですよね。特に美容室に行く、という事を単純にヘアスタイルを整えるために行くのだ、という人にとっては、その自分のニーズが果たせれば美容室はどこでも良い訳です。逆に物凄く美容室に行く、という事が自分の生活の中で重要事項となっている人にとっては、そのために過ごす美容室を何処にするかという事も、とても重要な選択になる訳ですね。ですから美容室に行った時にはその美容室がどんな美容室か、自分に合うかどうか、次回もここに来るか、という事に考えが回る訳ですが、そこまで深く考えない人も多いものですよね。
自由が丘 美容院