美容室の経営改善

忘れていた美容室を思い出す

美容室に対する考え方は人それぞれなので、行きつけの美容室を一件決めておく方が良いのだ、という人もいれば色々な美容室を試して歩く方がい良い、と思っている人もいます。ですが美容室としては一人のお客さんに長く来てもらう方が良い、とどのお店も思っているようです。ですから集客を考える時には再来店してもらう事を目的とする事がおおいものです。再来店してもらいたい、と思っているお客さんの中には、その美容室に来たことをそんなに重要視していないお客さんも多いものです。何となく行ってみた、何となく行かなくなった、という感じの人たちです。そういう人たちにアプローチするにはどのような方法が良いのでしょうか。たとえばかつては良く利用していたお店を思い出すタイミング、というのはどのような時でしょうか。飲食店や衣料品店ならばCMを見た、とか、そのお店へ行った話を人から聞いた、というような時ではないでしょうか。つまりその人に対してそのお店の情報を耳に入れたり見せたりすることで、かつて言った事のあるその美容室を思い出してもらう事が出来ると思われます。「お元気でしょうか?」というDMを送る、とか、その人も含めてその地域にチラシを配布する、などですね。まずはそのお店の事を思い出してもらう事がいちばんです。なんとなく来なくなった人を取り戻すには、また行ってみたい、と思う事をその人に提供しなくてはいけませんね。おそらくその美容室に来なかった人のうち、特にその店に対して不満があった人でなければ、その美容室に行かなくなった理由というものはそんなに明確ではないはずです。ですからその人に「その美容室に行くたくなる材料」を提供すれば、きっとまた来店してくれるはずです。その美容室に行ってみようか、と思わせるものには、まずは「お得感」と言う事があると思います。他のお店に比べてお得だ、と思えばその美容室に対して一目置くはずです。それは期間限定のキャンペーンでも良いですし、その人の誕生月のクーポンでも良いでしょう。その人に「あ、今ならこの美容室に行く方が他の美容室に行くよりも魅力を感じるな」と思わせればよい訳です。その案内に「あなたの事を覚えていますよ」と思わせるスタッフの直筆のメッセージなどが書かれていればもっと効果があると思われます。私は忘れていたのに、あの美容師は私の事を覚えていてくれたんだ、と思うだけで人は嬉しいものではないでしょうか。何となく離れて行ったお客さんには、「こちらはしっかりとあなたが来るのを待っていたんですよ」と言うアピールをする事が効果的だと思われます。
川越 美容室