美容室の経営改善

ファッションセンスを磨く

頭が薄くなっている人たちにとっては、その部分が自分にとってはすでにコンプレックスでありトータルファッションとしてマイナスだ、と考えがちですが、その様な事は無いと思います。どんなヘアスタイルであっても、そのヘアスタイルに似合うファッションと言うものがあります。ハゲているスタイルであってもその姿に似合うベストなファッションと言うものがあるはずであり、それを見つけることこそがその人のオシャレのセンスだと言えるのではないでしょうか。ハゲと言ってしまうとなんだか情けない響きになってしまいますが、スキンヘッドというと、立派なヘアスタイル、という印象になりますよね。そしてスキンヘッドでとてもカッコよくファッションを決めている人も実際には多いものです。多くの人は頭よりも顔自体にインパクトを持たせている人も多いです。サングラスをかける、髭を伸ばす、等の工夫です。そうすることによってハゲている事なんて全く気にならないぐらいのカッコよさをアピールする事が可能になるのです。そしてそのスタイルに一度でも成功したならば、それが大きな自信となり、よりファッションに興味が持てるようになりますし、そのセンスを磨こうとする向上心も芽生えてくるのではないでしょうか。薄毛を素敵に見せるなぜ髪の毛が薄くなったりハゲてくると、カッコ悪いとか老けて見えるとかのマイナスイメージになってしまうのでしょうか。おそらく皆さんは薄毛や抜け毛の悩みが全くなかった時には、前髪やサイド、全体の髪の長さで顔のバランスを取っていたのだと思います。たとえばおでこの広い人ならそれが目立たない様に前髪を降ろすスタイルにする、などです。そうやっていかに自分の顔を素敵に見えるか、という工夫を髪の毛を使って調整することが出来ていたわけです。ところが髪の毛が薄くなってくると、髪の毛が薄い事ばかりに気を取られてしまって、少しでも多く見せるためにヘアスタイルばかりを気にするようになります。顔立ちのバランスを取るどころの騒ぎではなくなっている訳です。さらに髪の毛が少なくなってしまうと、もう自分の元の顔をさらけ出すしかないような状態になります。ですからそれまで髪の毛で一生懸命自分の顔立ちをコントロールしていた人にとっては、髪の毛を失う事は自分のお魅力を発揮する最大のアイテムを失ってしまった事に等しいのかもしれません。そのために自分に自信を無くし、もうお終いだ、というような気分になってしまうのかもしれませんね。ですが逆に考えれば、自分の顔立ちひとつで勝負できる、という可能性もある訳です。スキンヘッドが似合っている、と思う有名人などは、髪の毛に頼らない自分の魅力を知っているのではないでしょうか。
関内 ネイル

 

メルセデスベンツ
http://www.mercedes-benz.co.jp/