美容室の経営改善

七五三では美容室も活躍する

美容室は髪をキレイにしてもらうために行くところ、というのが普段の考え方ですが、美容室のお世話になるのは普段の自分のキレイの為だけではありません。美容室は私達の人生の中で大切にしたい行事の時に、必ず訪れる事になる場所でもあります。日本人は年齢などの節目ごとに、自分や子供たちの成長や出会いをとても大切に考えて、祝う行事を催すのが一般的です。そういう時には特に女性は日本古来の着物を着て祝う物ですが、その時の着付けやヘアメイクでは必ずと言ってよいほど美容室のお世話になるのではないでしょうか。その中でも特に微笑ましいのは、子供の成長を祝う七五三です。七五三は女の子は三歳と七歳、男の子は五歳で祝うのが一般的ですが、いずれも親御さんやご家族にとっては、お子さんの愛らしい姿を見る事が出来るのも楽しみのひとつではないでしょうか。着飾った姿で参拝をし、記念撮影などをするのは、家族の良い思い出となる事でしょう。そういう行事に一役買うのが、美容室の役目でもありますよね。ですから美容室にとっては七五三のシーズンと言うのは、書き入れ時でもあり、またその時の評判と言うのはその後の美容室の評判を左右するような事にもなるかもしれません。こういう時に着付けの出来る美容師が常駐している事はその美容室の強みとなりますね。美容室によっては七五三の着付けをお願いされた場合には、事前に打ち合わせをするそうです。打ち合わせをする理由としては、どの様な着物や帯であるか、とかその他持参してもらう小物の確認などが必要だから、という事もあるようですし、お子さんのヘアスタイルをどのようにするのか、という事もある様ですね。小物については当日もしも忘れていたり足りなかったりすると大変ですし、ヘアスタイルにつてはそのつもりで伸ばしてもらったり適度に揃えたり、という事も有るのでしょう。ですが打ち合わせをする事の目的として、お子さんに事前に一度でもその美容室に来てもらって、その場所や美容師に慣れてもらう、という事があるようです。お子さんたちはおそらく美容室と言う場所自体、あまりなじみがないケースが多いものでしょう。ですからいきなり当日連れて来られて、見知らぬ場所で見知らぬ美容師たちに囲まれて着付けをされるのにはとても緊張するでしょうし、時によっては機嫌が悪くなるお子さんもいるようです。そうなってしまったら、せっかくのメイクも台無しになってしまう時も有りますからね。少しでも美容室やスタッフに慣れてもらって、出来る事ならば着付け当日の事を心待ちにしてもらえるように、と考えているのでしょう。
蒲田の人気美容室