美容師にとって必要な情報

美容師にとって必要な情報

美容師にとって必要な情報

 

美容師がカルテを作成する際に、そこには、お客さんにとっては触れられたくないようなコンプレックスやデリケートな問題の記載もあるようです。それは美容師と言う立場だからこそ気付く事の出来る内容だったりします。そしてその事をきちんと周りのスタッフにも知らせておかないと、そのお客さんを傷つけてしまう可能性がある、という内容だったりもします。たとえば骨格の問題などです。そのお客さんは気づいていないかもしれないけれども、そのお客さんの骨格では、この様なスタイルはいくら本人が希望されても上手く作れない、というようなケースがあります。骨格などは本人がどんなに努力しても簡単に変える事が出来ません。そういう事をいきなりお客さんに対して、「あなたの骨格では無理です」と言い放つのはちょっとお客さんを傷つけてしまいそうですよね。そういう場合には、やんわりと他にもっと似合うスタイルを提案する方がいいですよね。もしも美容師が「この人の骨格ではこういうスタイルは無理、こういうスタイルの方が似あう」と言う事に気付いた段階で、その事をカルテに記載しておけば、ずっとその人にはそういう配慮をしてあげられるでしょう。骨格とか髪の毛の質、というものは、自分自身ではほとんど気づかないものです。プロの目で見たその人の特徴と言うのが、あるものなんですね。お客さんにとっては、カルテの存在と言うのは、知っているようで知らない、という感じではないでしょうか。実際にはお客さんの目に触れない所で記入している美容室が多く、自分のカルテの存在の有無、というのを知らないお客さんもいるかもしれませんね。ですがカルテが存在する、となると、そこにはどんな事が書かれているのだろうか、と不安になりませんか?極端な話、自分の事を「感じの悪い客」だとか「扱いづらい客」などと言う否定的な言葉で書かれているのでは?と思ってしまう事もあるかもしれません。実際には物凄く美容室の経営にかかわるような自邸でない限りは、軽々しくお客さんの印象を記載するような事は無いようですし、主に施術の工程や使用する薬剤の記載、そしてお客さんに不快な思いをさせないために美容師が知っておくべき情報が記載されているはずなんですね。ですが、お客さんの心理としたら、もしもカルテが存在するのであれば、一度見てみたい、という心境におなりませんか?実際に見せてほしい、と言った場合に美容師たちがどの様な対処をするのか、という事はわかりませんが、もしも頑なに見せる事を拒む様であれば、ちょっと印象の悪い美容室になってしまいそうですよね。逆にほかのお客さんのカルテをあっさり見せるような美容室でも困ります。美容室 竹ノ塚 ヘアサロン カット カラー 人気