美容室の経営改善

レセプションに向いている人

レセプションの仕事というのは、何も資格が無くても従事することができます。ですがその反面向き不向きと言う点では、確実に向いている人とそうではない人がいると思います。もちろん努力次第で務まる、という面も有りますが、マイナスからのスタートというのはかなり厳しいものがあるでしょう。どういう人が向いているのか、というと、まずは気配りの出来る人、と言う事が得いるのではないでしょうか。常にお客様の様子を把握しながら「今の状況でお客様に何がベストか」と言う事を考えつつ、「美容室の様子、スタッフの様子はどうか」と言う事も同時に把握し、お客さんとスタッフの良い関係を保つために最良の策を的確に判断しなくてはいけません。そのすべては「気配り」に集約されるのではないでしょうか。もちろん美容室と言う場所の知識を持ち合わせている事も、仕事の上ではとても役に立ちます。ですから実際にレセプションとして働く人、というのは美容専門学校を卒業したけれども、美容師にはならなかった人、とか元は美容師として働いていたけれども何らかの事情で美容師を辞めた人、などが担当している美容室が多いと言われています。またほかの業界であっても接客やフロントの経験がある人も採用の時には有利と言われています。肌の新陳代謝にはゴールデンタイムと呼ばれる物が存在していて、その時間を確保できれば最も美容にいい睡眠を取れるという事になります。今までは夜中の22時から2時までの4時間が最も成長ホルモンの分泌が活性化されて肌の美容に良い時間とされていました。このゴールデンタイム説には否定的な意見もあり、睡眠に就いてから3時間の間が一番成長ホルモンの分泌が促される時間と言われています。どちらが正しいのかまだ答えは出ていませんが、二つの説を考えてみると、夜中の22時から23時の間に寝て、さらに寝てから3時間の間に深い眠りに就けるかどうかがポイントになりそうです。寝付きの悪い人にとっては睡眠に就いてから3時間で深い眠りに入るということが難しいと考えている人も多いかもしれません。深い眠りに入れない理由にはいくつか原因があり、寝る前に脳がリラックス状態になっていない、枕が合わない、部屋が乾燥しているなどの環境的な問題を抱えている、ストレスがたまっているなどが考えられます。脳をリラックスさせるためには、睡眠前のテレビやゲーム、パソコンにスマホといった光の強い物を避けるようにしておく事が大事です。枕の高さな首に負担のかからないフィット感のある物を使いましょう。部屋の乾燥は季節によっても全く違いますので加湿器で対応していきます。日常的にストレスを溜めてしまっている人はストレス発散の方法を見つけてみましょう。ストレスの問題以外は今すぐにでも対応できる問題なので眠りが浅いという悩みを抱えている人は改善してみてください。
RaRuhe 府中
府中 美容院
P&G
http://jp.pg.com/