一度見たら忘れないロゴ

一度見たら忘れないロゴ

美容室のロゴ、というのは外観に使われているだけではありません。店内にもパンフレットにも、販促品にも、いたるところに使われるものです。ですからデザイン的には、「一度見たら忘れられない」というデザインであることが必要になるのではないでしょうか。店内だけではなく、チラシ、クーポンサイト、フリーペーパーなど美容室以外の所でそのロゴを見た時に、「あ、このデザイン何処かで見たことがあるぞ」と思うわせる事は、集客にかなりの効果があるのではないでしょうか。そのロゴを見たことがある、という時点で人は何となくその美容室について知っている気になってしまう物です。つまり親しみを持っている、と言っても良いでしょう。そうするためには、ロゴは他店とは差がある物にする事が必要になると思うんですね。よくあるデザインではあまり印象に残りません。もちろん、その美容室のコンセプトに合ったデザインにする事も大切ですが、ありきたりのデザインではそのロゴを見ても、何も思い出さないかもしれません。多くのデザイン会社などが、美容室のロゴの作成も手掛けています。発注する時には、そのデザイン会社がどんな作品を作ったのか、と言う事も調べて、インパクトのあるロゴが出来る様にする方が良いですよね。お酒につまみは欠かせないものです。でもお酒の飲みすぎは良くないし、つまみを食べてしまったらさらに太りやすくなるのではと思うかもしれません。つまみには様々な効果があり、組み合わせ次第では美容効果を得る事も出来ます。もちろん中には最悪ともいえる組み合わせが有るので気を付けないといけません。お酒のつまみの定番と言えば枝豆です。居酒屋のメニューでも圧倒的に人気のつまみですが、お酒との相性も抜群です。枝豆に含まれているタンパク質には肝臓の働きを助けてくれる効果があります。お酒を飲むとその分解のために肝臓に大きな負担がかかりますが、肝臓の負担を助けて効率的にアルコールが分解されるようにしてくれるのです。また枝豆に含まれているビタミンやミネラルは美肌作りには欠かすことのできない栄養です。枝豆だけでなく大豆製品には似たような働きがあり、含まれている栄養次第で様々な美容効果を得る事ができます。大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりとして働き、様々な美容効果を発揮していくれます。冷奴に鰹節を載せてたべるのもお酒との相性がいいためお勧めです。緑黄色野菜にはビタミンやミネラルが豊富なため、やはりアルコールとの相性がいいです。ビタミンやミネラルはアルコールの分解に必要となりますので、野菜を積極的に取り入れていくと二日酔い対策にもなります。居酒屋に行ってお酒を飲む時にはつまみの種類にこだわって、少しでも体に良い組み合わせを注文していくようにしましょう。
美美人スタイル
ヘアカタログ
ケラスターゼ
http://www.kerastase.jp/