ボサボサ髪の悩み

ショートヘアにする

うねりがひどくて広がりやすい髪質なら、ロングヘアにしておくと物凄いボリュームになってしまい、収拾がつかない、という事が良くあります。そういう場合には、いっそのことショートヘアにしてしまうのも一案です。うねりのひどい髪、というのはいずれにしても良くない髪質の場合が多いので、改善する必要があります。そのままロングスタイルを維持するよりは、一度思い切ってショートにして、そこから質の良い髪の毛が生えて来るような努力をすると良いと思われます。ただショートにしたからといって、髪の広がりが収まる訳ではありません。むしろロングの時よりも重さが無いので、広がりやすい、というデメリットも出てくるかもしれません。そういう時にはいっそのことをその広がりを活かしたスタイルにしてしまう、という方法も有ります。特に顔の小さめの人に似合うと思うのですが、ヘアバンドやカチューシャなどでトップを抑えつつ、横に広がるスタイルと言うのは、可愛らしいですよね。
ワックスなどを付けると、多少は自分の思い通りに毛先を遊ばせることができます。ショートヘアにしておいて、こまめに髪をそろえていく事で、髪の毛をより健康的に維持する事も出来ます。うねりの酷いロングヘアになっている場合には、ショートスタイルも考えてみるとよいでしょう。若い頃には、美容室も「どこがいいだろうか」とあちこちの美容室を試してみる、と言う事も有ったかもしれませんが、ひと歳とってから新しい場所に行く、特に美容室に行く、というのはとても勇気がいるものでしょうし、なんとなく不安があってやはり行き慣れている美容室がいいや、と思ってしまう物でしょう。少々の不満があっても一つの美容室に通い続けるのが普通だ、と思っている高齢者も多いはずです。特に高齢者の人たちの中には病院などでも「変わるのはこれまでお世話になった先生に悪い」という気を使う人が多いものです。美容室などでも「この先生が一番自分の事を解ってくれている」とか「これだけ良くしてもらっているのに他の美容室に行く事は出来ない」と考える人は多いものでしょう。ですからこれまで行きつけにしていた美容室が少し遠くてこの年になったら通えない、と思ったとしても近くの別の美容室に行く、という選択がなかなか出来ない高齢者は多いのではないでしょうか。だからと言って美容室に全くいかない、と言う事も出来ません。そうなってくるとその美容室に来る回数がぐんと減ってしまうのが現実かもしれません。まだその美容室に行きたい、と思っているお客さんにとっても、美容室にとってもそれは残念な事ですよね。
亀戸 美容室
ランコム
http://www.lancome.jp/