すっきり髪でテンションを上げよう

すっきり髪でテンションを上げよう

どんな理由であれ、髪の毛が広がってボサボサになっている、というのは本人も不快な感じがしますし、実は周囲にも暑苦しく見えたり、なんとなく不潔に見える事も良くあります。特に梅雨時や真夏などは、みなさんそれぞれにうっとおしさを感じている季節ですから、人目にもすっきりしたスタイルでいる事は、マナーの一つと思っても良いでしょう。うねりがひどくなる、という原因はパーマなどを繰り返したことによるダメージとか、年齢的な事だとか、本人の責任ではないのですが、それでも人に不快感を与えるようなスタイルでいる事はよくありませんよね。まとめ髪にするとかバッサリ切ってしまうとかの対策をとる事で、実際に自分自身も気分的にすっきりします。「今日は髪の毛が決まらない」と思うと、それだけで外出するのも嫌になる物ですよね。特に暑いさなかや梅雨時などは、ヘアスタイルをすっきりさせて、テンションを上げる努力をしたいものです。時にはぜいたくにヘッドスパに行ってすっきりするのも良いですよ。定期的に続けることで、きっとうねりも落ち着いて来ることでしょう。またじたっくで出来るヘッドスパなども最近では良く紹介されています。各種オイルをつかったヘッドスパなどがあります。また汗のにおいも気になる季節ならばデオドラント効果のあるものを利用するのも良いでしょう。肌のくすみは内臓機能の衰えと関係が深く、実際にくすんでいる人は何となく不健康に見えてしまいます。外見から分かるための内臓機能のSOSなのかもしれません。特にくすみがちなのがアルコールが好きな人です。アルコールを飲むと体の中で肝臓が分解を始めて、大量の水分、血液の流れ、アミノ酸を必要とします。アルコールを飲んだ分だけ肝臓にエネルギーが集中してしまうので、当然その他の機能はエネルギー不足になりがちになり、元気がなくなっていきます。体の中でも特にエネルギー供給が滞りやすいのが皮膚や髪の毛です。肝臓がフル稼働をしていて、血液の流れが悪くなるとそれだけ皮膚の調子が悪くなり、髪の毛の成長も無くなってしまいます。お酒は適度に飲むと健康や美容に良いということが知られていますが、それ以上に飲みすぎによるマイナス効果を受けてしまっている人が多いです。お酒を飲むということが習慣化してしまい、毎日飲まないと落ち着かないという人や寝酒のために毎日お酒を飲んでいるという人は肝臓が疲れてしまい、肌もくすみがちになります。いきなりお酒をやめるということは中々できないと思いますので、意識して減らしていくようにしましょう。会社の同僚との付き合いでの飲み会でもお酒は控えてアルコールの無い物を頼むようにすると肝臓への負担が軽くなります。綺麗になりたいならまずは体の中の健康を意識して、お酒を飲む量を減らしていけるようにして見て下さい。
JEANA HARBOR 【ジーナハーバー 青山 表参道】
青山 美容院