クーポンの変遷

クーポンの変遷

今の時代、美容室のクーポンを利用しない人はいない、というぐらいクーポンというものは出回っています。クーポンにもいろいろありますし、最近ではクーポンの手に入れ方も多様化されてきたように思います。かつてはクーポンと言えば、美容室の担当者が街頭や店頭などで、チラシを配っていて、その一部にクーポンが印字されている、というスタイルのものだったように記憶しています。やがてフリーペーパーなどにクーポンが付くようになりました。またインターネットの普及と共に、ホームページなどにクーポンを掲載し、プリントアウトしてお店に持ち込む、というスタイルのものも有りました。今ではクーポンサイトと呼ばれるサイトやオークションサイトの様な所でも美容室のクーポンが扱われるようになってきます詫。ここまでクーポンがさまざまな形で発行されるようになってきた、と言う事は、クーポンと言うものはもはや美容室には無くてはならない存在になってきた、と言っても良いのかもしれません。クーポンの多くは、割引をするものです。時にはなにかプレゼントがもらえたり、施術でサービスが受けられる、というような形式のものも有ります。どちらにしても、せっかくクーポンがあるのなら使いたい、というお客さんの気持ちは同じでしょう。iPadを利用する事でお客さんのカルテの管理も便利になります。魅力的なのは、お客様の情報をこれまで以上に多くの種類の情報を入力できることと、それを一括して表示できることでしょう。お客さんが予約を入れた時にもすぐに連動してカルテを開くことができるので、予約時にオススメの施術などの簡単な打ち合わせをする事も可能になります。また多くの情報を管理できることで、お客様の属性、性格、話題、など色々な事を記録として留めておくことができます。それは次回来店されてた時に、よりよいサービスを提供する事に対して大いに役立つことでしょう。ただこの点に関しては情報漏えいという問題には特に注意しなくてはいけないでしょう。特に銀行口座などの情報ではないので大したことは無い、と思われるかもしれませんが、美容室での情報というものも立派な個人情報です。これが流出してしまうことは美容室の信用を揺るがすものとなるに違いありません。扱いは厳重に注意すべきですし、スタッフ全員が共有できる、という利便性の裏には、誰でも情報を持ち出すチャンスがある、という恐ろしさがある、と言う事もスタッフ教育などを通じて、徹底しておく必要が管理者には課せられる、と言っても良いでしょう。
gracieux -Shaving Esthe- 人形町店
人形町 エステ