美容室の経営改善

新しいメニューの開発

今の時代では美容室と言うのは、ただお客さんの髪を切っているだけでは他店との競争には勝てない時代になってきていると思われます。どうすれば他の店との競争に勝てるのか。その一つの方法として、徹底的に客が欲している事をメニューとして開発する、と言う事ではないでしょうか。一昔前ならば、お客さんの方も「美容室で髪を切ってもらう」というへりくだった感覚があったかもしれません。美容師さんはプロなんだから、自分ではできない事をお願いするんだから、と言う感覚があったと思います。美容師が「先生」と呼ばれる事もありましたよね。ですが今やお客さんの髪に関する知識も相当なものですし、どこの春日部 美容室に行くのが良いか、と言う情報も氾濫しています。美容師やスタッフ、経営者が知らない所で、自分のお店の情報が真偽のほどは別にしても、あちこちで出回っている状況なのです。そんな中ではお客さんの方が、言葉は悪いですが「この美容室に来てあげたんだ」と言わんばかりの感覚になっている事も確かです。「嫌なら別の美容室に行ってもいいのよ」と言える状況なんですね。ですから依然と同じように、カット技術で勝負などと言っていられない時代である、と言えると思うのです。そんな中で徹底してお客様が必要としている他の店にはないメニューの開発こそが、他店に勝てるカギとなるのではないでしょうか。女性たちは自分のヘアスタイルを決める時に男性たちの目線を意識したりするのでしょうか?最近ではそのように男性に媚びるような意識を持っている女性たちは少ないかもしれませんね。それでも男性たちが女性を見る時に、印象的なのはそのヘアスタイルだと言われています。女性が男性の好みに従うかどうかは別としても、どういうヘアスタイルなら男性は好ましい、と思うのでしょうか。あるアンケートの結果によると、女性のヘアスタイルを大きく分けてアップスタイルとダウンスタイルのどちらが好きか、と聞いたところ、結果はほぼ二分されていたようです。つまりどちらも同じぐらい人気だ、と言う事になりますね。もちろんその女性にそのスタイルがあっているかどうか、と言う事も左右する事になるとは思いますが、意外に男性たちは女性のヘアスタイルに対して極端な固定観念はないのだな、と言う印象を持ちました。なんとなく一昔前の事を考えると、女性はうなじのキレイな人が良い、とか言いそうな男性が多かったように思うのですが、最近ではそのようなイメージは減ってきたのかもしれませんね。アップスタイルが好きだと思う人、段スタイルが好きだと思う人、それぞれどのような理由でその様に思っているのでしょうか。